去年のさくらそう

f0050592_1940146.jpg


去年、展示会に出したさくらそうです
左から、初桜、小桜源氏、金田の夕、です

さくらそうは15cmの鉢に4芽入れて咲かせるのが基本です
1芽に花を車輪状に10花ほど、かんざしのようにつけます
1つの花の大きさはいろいろで、大きいもので5cmぐらい、小さいもので2センチぐらいの花を咲かせます
現在、花の種類はさくらそう会で認定されたもので、300種類ぐらいあります
小さい芽から花が咲くまで2~3年ぐらいかかるので、育て下手もあるので、なかなか増えません
クリスマスローズと一緒で、種からは同じものは出来ません
もっぱら、根から出た芽で芽分けして育てます
種はもちろん売っていないし、細かいので、新花を作り出すのをやっている人以外は、ほとんど種からは育てていないと思います
性質もクリスマスローズと一緒で冬はいいけど夏がダメです
でも夏は葉っぱはありません
[PR]
by sakuraso709 | 2006-01-31 20:45 | さくらそう
<< とてもおいしい沢庵? さくらそうの植替え >>